読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこが海ではないとして

This is the meaning of my life.

そしたらそのうち

最新のゲームセンターはたくさんのゲームがあるのにやりたいものが本当になくて、なさすぎて、びっくりした。そもそも自分が何をしたいのかがわかってないのだけれど、それにしても、こんなことってあるかよ。 ここは人が楽しむための場所だ。みんな一心不乱…

底はありありと僕らを見てる

僕の身の周りに限って言えばの話だが。 正直、元通りか、それ以上になっている。住んでいるマンションの補修工事はとっくのとうに終わり、あんなにめちゃくちゃになった長町の商店街の道も直され、その近くに大きな体育館ができ、IKEAができ、ライブハウスが…

音読

やりたいこと、なくなっちゃった。し、そのつもりで生きてると本当にやりたいことが見当たらない。ここ半年ずっとやりたいことはない。 とりあえずバイトをして過ごしている。お金がないと生きていけない。バイトの前は楽しいことがあればあるほど憂鬱だから…

どこにだって行けるし、なんにもできない。

僕は22歳の現役大学生だ。性格と要領が悪く、愛想と成績が良くない、落ちこぼれの若者だ。 いよいよ社会に放り出される寸前になって、「どこにだって行けるし、なんにもできない」という考えが、ずっと頭を埋め尽くしている。 中学から高校にかけて、あまり…

大したことないよ君の言葉

伝えたい言葉がなくなってしまった。くそー。こういう日はひたすら悔しい。自分の存在意義がわからなくなる。 僕は子供の頃から自分の言葉にそれなりの自信みたいなものを持っていた。飛び抜けた文才はないけれど、ある程度は文章が書けた。 携帯電話を手に…

big shout it out!

何を書いても嘘になりそうな時期が自分の中には確実にあって、それが今だ。文章を書くことも、何か行動をすることも、とにかく何もしたくなくなってしまう。 これを書くのも嫌になりながら書いている。全部嫌だ。全部嫌。 自分をポジティブな方向に歩かせな…

果敢なく消える大抵のこと

三越の地下にいる。 かつて逃げ出してしまった時に精神疾患の本を開いたら、「気を紛らすためには、スーパーの食品売場など、人が多くて騒がしいところに行くといい」と書いてあって、携帯の電源を切って飛び込んだのが三越の地下だった。それから何度か、導…

石楠花の葉

電車に間に合うかどうかギリギリなところだった。家から最寄りまで走る。間に合う。そういえばいつも走っている。ここは仙台。ノット東京。 東京から帰ってきてから、仙台を心から愛していなかったのではないか、という気分にさせられている。ただ生まれた場…

IF I AMという団体についての超個人的な話

こんな個人的かつ団体の中身に関わる深い話、あんま書かないほうがいいぞ。 きょうは所属団体のお話をします。 僕は「"キ"になるを"スキ"になる東北学生メディア IF I AM」という団体に所属しています(正式名称だよ!) ifiam.hatenablog.com 入ったきっか…

絶望しているうちはよかった

最近は人間不信ではありますが、ブログを書くことと、特定の場所を指定して誰かと一緒に向かうこと、これを少しずつすることでなんとか生きています。 自分がどれだけ最低な人間か、ということを重ね重ね感じるためだけに生きる日々は苦痛でしかないのですが…

quotation①

生活とは心のカメラロールを共有すること 見たことのない写真が増えるたびにどきりとして、そのくらいカメラロールを共有していたと気付くし、知らない写真をアカウント名の横に添える理由と感情を知った 何かを信頼するわけじゃないけれど、すきなものと同…

「どっとvote!!」という強めのトラウマの話をしよう

今の自分に密接にかかわっているので書きます。1年経ってやっとこの話ができるようになりました。 「どっとVote!!」というのは、昨年の8月にあった仙台市議会議員選挙の若者向け選挙啓発を目的に、仙台市選挙管理委員会とNPO法人ドットジェイピー東北支部(…

失踪癖の話をしよう

最近は叫び出したいことばかりですが何とか普通の顔をしています。普通の顔ができるだけ成長したなあと思いますけれど、弱いのは相変わらずで困っています。 僕には失踪癖があります。 自分の中にコップがあるとしたら、暮らしていく中で水が少しずつ溜まっ…

Copyright © 2017 そこが海ではないとして All rights reserved.