そこが海ではないとして

This is the meaning of my life.

愛す

 

靴の先端が濡れている。

接触を封じられたら、ひたすらに言葉を空中に放るしかなく、その言葉がどこに落ちようと、誰を傷付けようと、僕は責任を持つこともしないのだった。幾多の街が滅びようと、僕の届けようのない思いが、現在のあなたに墜落することを祈っていた。

このような、非効率的で、残虐で、無価値で、愚鈍な意思伝達方法を取るしかなくなるのには、全て自分に原因があることはわかっていた。悪意の発信。僕にある明らかな欠落部分。不意に圧倒的な効力を持って、正確に相手の嫌悪を引き出すことがある。そして、誠に残念ながら、完全なる故意によって、自分から引き金に手をかけている。

それは、待てばじきに溶けるような氷を投げ付けるかのようであった。本当に意味が無く、物理的な痛みと冷たさを相手に実感させるだけの行為だ。しかし僕は、氷を溶かすことも、自分の熱を冷ますために使うことも出来なかった。

水溜まりに足を突っ込んで、それを思い切り蹴り上げる。自分の中で絶えず精製される氷のような悪意を、誰か噛み砕いてくれよ。もしくは、強く抱き締めて溶かしてくれないか。

 

 

_________

制限時間 1時間

テーマ 「氷」

 

 

 

 

 

Copyright © 2017 そこが海ではないとして All rights reserved.