そこが海ではないとして

This is the meaning of my life.

必殺

 

考えてしまう。志村が生きているフジファブリック津波のない東北。文春のいない川谷絵音。靭帯を切らない財前宣之。UFOキャッチャーが得意な僕。別のネタを披露するマヂカルラブリー。並列すべきでない物事を連ねる。全部その先を見たかった。だからといって今を悪く言いたくはない。なんだっていいんだと思う。進んだ先が今日になって、あとはみんな勝ち取ればいい。

褒めてくれれば。励ましてくれれば。許してくれれば。愛してくれれば。要求を満たせ。それをコミュニケーションと呼ぶのだ。こっちが空っぽでも?そうでしょ。何もなくても欲しいなら。どっから絞り出せばいいんだよ。でも絞り出すしかないんだよ。

何ヶ月かに一度、indigo la Endがどうしようもなく好きになる時期があって、きっと良くないことなんだろうと思いながら聴いている。音楽のこと、サッカーのこと、お笑いのこと。自分には昔からこの3つしかないような気がする。誰かの夢が潰えるたび、誰かの夢が踏み躙られるたび、本人の意思とは関係なく僕は深く落ち込んでしまう。好きな人や物がどうにかなってしまうのに耐えられない。

救いのエネルギー、マイナスをプラスに変換する作業、これをずっと繰り返している。ブログがあって良かった。何千人もの人が僕のブログを読んでくれる。マヂカルラブリーは素晴らしいって伝わる。indigoの川谷さんがマヂカルラブリーが好きってTwitterで言っていた。なんか色々と嬉しい。好きなものや好きなものが幸せであってほしい。できれば好きじゃないものも幸せであってほしい。

どうにか出来るうちはどうにかするしかないよ。労力がいるとしてもやるしかない。上へ。

 

 

Copyright © 2017 そこが海ではないとして All rights reserved.